海運のこと、分かりやすくお伝えしています

海上輸送でのFCLとLCLの違いについて解説します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
当社、丸一海運株式会社は、江戸時代1751年創業の港湾運送業から始まった由緒ある会社です。日本のみならず世界にむけた物流・海運のプロフェッショナルとして、お役に立てる情報を提供いたします!

今回はFCL(コンテナ単位の貨物)とLCL(混載貨物)について説明します。

FCLとLCLの意味

FCL(Full Container Load):FCL貨物とは1荷主がコンテナ1本分を使用した貨物のことです。

LCL(Less than Container Load):LCL貨物はコンテナ1本分を満たさない少量貨物のことを言います。

LCL貨物は通常、様々な荷主から1本分のコンテナに集荷し詰めて輸送されます。

FCLとLCL貨物で手順が異なりますので別々に説明します。

FCL貨物(コンテナ単位)

まずはFCL貨物の流れを紹介します。

貨物入りのコンテナはコンテナヤード(CY)に運ばれ輸出手続き、揚げ地にて輸入手続きが行われます。FCLではコンテナのままで扱うため搬入が早く輸入許可が早く上がります。結果、貨物を早く引き取ることが出来るメリットがあります。

またFCL貨物ではコンテナ1本分のスペースを好きなように積載が出来るためダメージがつきにくいと言えるでしょう。

[メリット]
  • 貨物へのダメージが少ない
  • 早くコンテナを引き取りが出来る
[デメリット]
  • 貨物が少ない場合混載貨物より割高になる可能性がある

LCL貨物

小口の貨物は一度コンテナフレートステーション(CFS)に集められた小口貨物で1本のコンテナに詰めていきます(バンニング)。1本分のコンテナになったものを海上輸送します。

また揚げ地のコンテナフレートステーション(CFS)にて貨物を出す作業を行い(デバンニング)その後それぞれのお客様へ配送されます。

[メリット]
  • コストを抑えることが出来る
[デメリット]
  • 貨物の搬出がFCL(コンテナ単位)よりも時間がかかる

まとめ:結局どちらを選べばいいの?

FCLかLCLどちらが輸送に適しているのかは荷物の量により判断することが出来ます。荷物が多ければFCL、少なければLCLでの輸送が良いと言えるでしょう。

輸送したい荷物をFCLかLCL、どちらを使えばいいかわからない場合は、ぜひ当社にお問合せいただけたらと思います。

丸一開運に問い合わせてみる

 

危険物の海上輸送なら
当社にお任せください

 

CTA

私たち丸一海運は、専門知識と高い技術力でお客様のニーズに合った高品質な物流サービスを提供し続けて参ります。

はじめての輸出入をされる方のために、書類作成から貨物の船積み手続き、引取り手続き、搬出入などなど陸・海・空のあらゆる輸送モードを駆使してきめ細かくサポートいたします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
当社、丸一海運株式会社は、江戸時代1751年創業の港湾運送業から始まった由緒ある会社です。日本のみならず世界にむけた物流・海運のプロフェッショナルとして、お役に立てる情報を提供いたします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 丸一海運株式会社のブログ , 2021 All Rights Reserved.