海運のこと、分かりやすくお伝えしています

あなたの輸入予定貨物の関税・消費税額はいくら?簡潔に計算方法をご紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
当社、丸一海運株式会社は、江戸時代1751年創業の港湾運送業から始まった由緒ある会社です。日本のみならず世界にむけた物流・海運のプロフェッショナルとして、お役に立てる情報を提供いたします!

輸入を検討している貨物について、関税・消費税がいくらかかるのかはとても重要ですよね。輸入に伴う税額がいくらかによって、その商売が成り立つのかどうかの分かれ目になる場合もあるかと思います。

でも、輸入をするときの関税とか消費税ってどうやって計算すればいいのかな?

とお困りではないでしょうか?

そこで今回は、そんな税額の計算方法をできるだけ簡潔にご紹介したいと思います。

 

関税率を知るためにはHSコードを知ろう!

税額を計算するためには、まず輸入貨物の関税率を知る必要があります。関税率を知るためには、HSコードを知る必要があります。(関税率はHSコードごとに定められているため)

下記のサイトにてHSコードごとの関税率を確認できます。

HSコードごとの関税率を知りたい方はこちら
日本関税協会Webタリフ

Webタリフの画面の使い方

以下のような画面になります。そこで、あなたが輸入したい製品のキーワードを入力して「検索」ボタンを押してみてください。

Webタリフ

↓そうすると、「プラスチック」という言葉が含まれた製品のHSコード一覧が出てきます。

WebタリフHSコード

↓ さらにHSコードの青色の文字部分をクリックすると、詳細な一覧がでてきます。

HSコード

どのHSコードに分類されるかさっぱり見当が付かない場合は、税関もしくは通関業者に問い合わせてください。

 

関税率の計算方法

さて、今回は以下の商品を例に、計算方法をご紹介します。

関税率の計算に使う商品例(プラスチック製の食器)

品名プラスチック製の食器
HSコード3924.10-0003
関税率協定税率3.9%
インボイス価格CIF USD2,500.00

 

関税率の計算方法

まずは、関税額を計算します。

■手順1.インボイス金額を日本円に直します。(レートは109.50円/USDと仮定します)
2,500×109.50=273,750(この数字を課税価格といいます)

 

■手順2.末尾3桁を切り捨てます。
273,750→273,000

 

■手順3.税率を掛けます。
273,000×0.039(3.9%)=10,647

 

■手順4.末尾2桁を切り捨てます。

10,647→10,600

 

この10,600円が関税額です。

 

消費税額の計算方法

続いて、消費税額を計算します。

■手順1.課税価格に関税額を足します
273,750+10,600=284,350

 

■手順2.末尾3桁を切り捨てます。
284,350→284,000

 

■手順3.0.078を掛けます。
284,000×0.078=22,152

 

■手順4.末尾2桁を切り捨てます。
22,152→22,100

 

この22,100円が消費税額です。

 

地方消費税額の計算方法

最後に、地方消費税額を計算します。

■手順1.消費税額×22÷78をします。
22,100×22÷78=6,233

 

■手順2.末尾2桁を切り捨てます。
6,233→6,200

 

この6,200円が地方消費税額です。

 

※通関上は、消費税と地方消費税を分けて計算しますが、この2つを合わせてだいたい10%になります。

 

注意点

ここで一つ注意点ですが、関税の計算の基礎となる課税価格は「CIF価格」と定められています。

CIF価格とは「COST(貨物価格) + INSURANCE(保険料) + FREIGHT(海上運賃)」です。つまり、日本の港に到着するまでにかかった費用は、原則すべて加算した後の金額で計算しなければなりません。

 

例えば、取引条件がFOBであれば

インボイス価格(FOB価格)+ 海上運賃 + 海上保険(付保している場合に限る)=CIF価格

となり、このCIF価格に関税率をかけて計算する必要があるので注意してください。

補足)FOBとは?

FOB(Free on Board)とは、本船渡しという取引条件のことです。
国際貿易取引条件(インコタームズ)の内、コンテナによる船積み貨物の引き渡しで使われることが多いです。
輸出港にて、買い手側(輸入する側)が指定する船に貨物を積むことで契約が完了となります。
運賃・保険料は輸入する側が負担。

 

 

 

まとめ

いかがででしたか?関税額の計算は難しいものと思われている方も多いかもしれませんが、慣れてしまえば計算の手順自体はそれほど難解なものではありません。上記の手順に輸入を検討されている貨物の価格を当てはめて、ぜひ一度関税額の計算にチャレンジしてみてください。

 

危険物の海上輸送なら
当社にお任せください

 

CTA

私たち丸一海運は、専門知識と高い技術力でお客様のニーズに合った高品質な物流サービスを提供し続けて参ります。

はじめての輸出入をされる方のために、書類作成から貨物の船積み手続き、引取り手続き、搬出入などなど陸・海・空のあらゆる輸送モードを駆使してきめ細かくサポートいたします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
当社、丸一海運株式会社は、江戸時代1751年創業の港湾運送業から始まった由緒ある会社です。日本のみならず世界にむけた物流・海運のプロフェッショナルとして、お役に立てる情報を提供いたします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 丸一海運株式会社のブログ , 2020 All Rights Reserved.